トップページ 桃源院の縁起 住職から皆様へ 行事予定 『桃源院』施設案内 永代供養納骨堂『眺峰堂』 梅花講 リンク集 交通アクセス お問い合わせ

『1日10分般若心経瞑想法』

奥野誠也住職/著 (モダン出版)
「般若心経」がもつ不思議なパワーを誰もが体験できるように平易な文章とイラストで解説した瞑想法指南の書。

桃源院発行「機鋒」

法話や桃源院からのお知らせ等を掲載した機関誌です。

梅花流詠賛歌とは

お釈迦さま・両祖さま(道元さま・瑩山さま)を讃え、ご先祖さまを敬うこころを唱えます。
その歌は日本の風土と暮らしの中で生まれたメロディーです。
やさしく穏やかな曲で、唱えやすく安らかなこころが生まれ、新たな感動がわいてきます。
トップページ / 梅花講 / 梅花流詠讃歌とは

梅花講とは

それぞれの寺院で、唱える楽しさを中心に、正しい信仰を学ぶところです。
正しい信仰は経典と指導者から得られ、お仲間との語らいの中で生まれます。
お寺に集まってたくさんの人達といっしょに詠讃歌を学び、お互いの幸せを願います。
苦しみや悩みはみんなで癒して励まし合いながら、仲良く楽しい人生を実感できます。
現在、6400の梅花講があります。


梅花流には三つのお誓いがあります。

お誓い

私達は梅花流詠讃歌を通して、正しい信仰に生きます。
私達は梅花流詠讃歌を通して、仲よい生活をいたします。
私達は梅花流詠讃歌を通して、明るい世の中をつくります。
トップページ / 梅花講 / 梅花講とは

梅花講員とは

人それぞれ、さまざまな想いの中で、同行同修(他を受け入れながら同じ修行をする)していく、信仰心あふれるすばらしいお仲間です。
多くの人々がみほとけの教えに照らされて、人と人が良い関わりを持ち、仲良く生きる術を学びます。
日本国内はもとより、海外も併せておよそ17万5千人の講員さんがいます。
トップページ / 梅花講 / 梅花講員とは

お寺の門をたたいてみませんか

梅花流詠讃歌は昭和27(1952)年に創立した、曹洞宗の御詠歌・和讃です。
詠讃歌を学んでいくと自然に安らかな気持ちになり、正しい生き方を実感することができます。
そして生きるための希望と、生きていることへの感謝のこころで幸福になります。
どうぞお寺の門を気軽にたたいてみましょう。

お問い合わせ先 菩提寺
各宗務所(菩提寺でお尋ねください)
曹洞宗宗務庁伝道部詠道課(03)3454-5416
トップページ / 梅花講 / お寺の門をたたいてみませんか